もし逆に私が数百万の借金をしていたら

スポンサーリンク
a1180_011761

私がダンナをもっと早く見切ることが出来なかったのは
やっぱり可哀想 という気持ちがあったから。

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ


スポンサーリンク





だけど、ふと、思ったのは
ダンナが薄給ながらも定収入があって
私が数百万の負債を抱えていたら、どうだったのか。

もちろん遊びで使ったわけではなく、例えば
借金の保証人になっていた、みたいな理由で。

その時ダンナは私を助けてくれただろうか?

もし助けてくれたとして、そのあと何年も
私がほんのわずかな収入にしかならない
趣味のような仕事にうつつを抜かして
自分の借金を全然返せず、ダンナに生活費をせびったら・・・?

ダンナは私のことを可哀想と思うだろうか・・・?

あり得ない。

義母たちだって「そんな女とはとっとと縁を切れ」と言うに違いない。

だから「離婚」という選択は間違っていないはず。

私の両親だって生きていたら

「そんな男とはとっとと縁を切れ」

と言っていたに違いない。

スポンサーリンク








ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

スマホでご覧の方で表示に空白の部分が多い方は一番下の
スマートフォン/パソコンをパソコンに切り替えるとスッキリ見られます。

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました