ダンナに離婚話をしました

スポンサーリンク
a1600_000285

ダンナのマンションへ向かう途中、夕飯時なので
スーパーに寄ることに。

ダンナは最近また虫歯の痛みが再発し
お粥ばかり食べているので、普通のものは作れません。

結局クリームシチューの材料と、ダンナの自炊用に
出来合いの茶わん蒸しとレトルトのお粥、雑炊の素を
たくさん買い、シチューと卵粥を作って、ダンナの帰りを待ちました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ


スポンサーリンク





いつものように6時過ぎに帰宅したダンナと夕食。

さすがに物を食べている途中に言うのは
はばかれらたので、食べ終わる瞬間を待ったけど
ダンナがスプーンを置いたのを見ても
なかなか切り出せず・・・

自分の部屋に戻ろうとするダンナに
かすれ声でようやく話かけました。

私:「あのね、聞いて欲しいことがあるんだけど・・・」 

ダンナ:「何だ」

私:「私、独りになりたい」

ダンナ:「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     いつかそういうことを言い出す日が来そうな気もしてたけどな」
     「で、どうするの。当てはあるの」

私:「部屋はもう見つけてある」

ダンナ:「・・・・・・・・・・まあ勝手にすれば」

ダンナは立ち上がって自分の部屋に行き
いつもは閉めないドアを閉め、ゲームを始めました。

もっと食い下がられたり、場合によっては
殴られるかもと覚悟もしていたので、ホッとしたような
ちょっと拍子抜けしたような気持ちに。

そして最後に忘れ物が無いか確認しようと
整理タンスの引き出しをしばらく見ていると・・・

いきなり

「うおおおああああああああ」

というダンナの絶叫とともに

ドーーーーーン
ドーーーーーン

と、壁を思い切り殴りつける音が・・・

(これは危ない、逃げなきゃ)

私はとっさにバッグをつかんで
靴のかかとを踏んだまま、小走りで玄関を出ました。

スポンサーリンク








ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

スマホでご覧の方で表示に空白の部分が多い方は一番下の
スマートフォン/パソコンをパソコンに切り替えるとスッキリ見られます。

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました