荒れるダンナからの逃亡

スポンサーリンク

 

慌てて玄関を出たものの、エレベーターは1階に止まっています。

うちは6階。

ダンナがいつも

「遅い!」

と腹を立てているエレベーター…

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

いつも応援いただきましてありがとうございます


スポンサーリンク

 

うちの玄関のドアはどうやってもある程度音がするので

ダンナに気付かれたのでは…

 

急いで階段の方に回った私は

(とにかくダンナから隠れなければ)

と、思わず階段を駆け上がって、手すりの陰に隠れました。

 

身を潜めてすぐ、玄関のドアが開く音とともに、人の気配が。

(ダンナだ…)

自分の心臓がバクバクいうのが聞こえそうでした。

気配は、しばらくホールをうろうろした後、階段に来て

駆け下りていきました。

私はそのまましばらく身動きが取れないまま。

 

頭をよぎるのは

(どうしよう…これから下に行ったら、ダンナと鉢合わせするかもしれない。

でももう新しい家に帰りたい)

ばかり。

 

それでも、いつまでも階段にいるわけにはいかないので

そろりそろりと上の階に上がり、エレベーターホールへ行くと

エレベーターは1階に止まったまま。

でもボタンを押す勇気が出ない…

 

そのままどれくらいエレベーターの前にいたのか…

少なくとも10分以上は立っていたはず。

 

立っている間

(7階の人が出てきたらどうしよう)

などとも思ったけど、そんなのダンナに捕まるのと比べれば、些細なこと。

 

そのうち、1階に止まっていたエレベーターがすっと動き出し

2階、3階……6階で止まり

下から、ドアをバーーーーンと思い切り閉める音が…

(これはダンナでは…!?)

 

それでも身体が動きません。

下に行った途端、急にダンナが出てくるような気がして。

 

そこから10分くらい待って、ようやくボタンを押し1階まで降りると

駅とは反対方向に向かって、いつも駅に向かう広い通りよりも

一回り遠い道を通って、駅に向かいました。

 

電車に乗って、バスに乗って…

ようやく新居に戻ると、猫がニャーと鳴きながら小走りに迎えに来て

思わず涙が…

 

心底ホッとしました…

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です。

応援していただけるととても励みになります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

第1土曜日の夜8時台に更新予定です。

最新版は5月4日に更新されました。

【実母が不倫】ごく普通の主婦だった母を、熟年不倫に導いたセールスウーマンの謎/くるぴた
皆様こんにちは、『ぼっちシニアの幸せ探し貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 【前回】贈り物のケーキをきっかけ...

最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました