S木さんからダメ出しされる予感

スポンサーリンク

 

夜明けが早くなってきました。

これまで朝5時台前半に家を出ると、夜中のような感覚で

すれ違うのも新聞配達の人くらいでしたが、今は走っている人も増えています。

夕焼けよりも白い、朝焼けの光に包まれた街を歩く自分の足取りは、しかし重いのです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク

 


 

日曜日以外の休日の時、いつも私がやっている仕事を代わりにやるのはS木さん。

 

これはT中さんやY崎さんが休みの時も同じで、それぞれがちゃんと掃除しているか

S木さんのチェックが入るのです。

 

一週間の中でも、とくに念入りに掃除するように言われている曜日があります。

 

婦長さんがチェックするのが水曜日。

チェックはされないけれど、偉い先生が回診するから失敗できないのが木曜日。

そしてS木さんのチェックが入るのが、私の場合は火曜日なのです。

 

病室の中でも手が行き届きにくい場所というのがあって

各部屋のヒーターは、ベッドと壁との間が30㎝くらいしかありません。

 

横に患者さんの荷物が置かれていることもあり、隙間に入り込まなければならないので

限られた時間の中では、毎日拭くのが難しい状況です。

 

課長さんからも

「毎日はやらなくていいけど、週に1回は最低でもやって欲しい」

と言われています。

 

目立たない場所なので、ここをチェックするとしたらS木さんだけ。

だから休みの前日に掃除をするようにしていました。

 

しかし昨日、自分の受け持ちの病室を半分くらい終わらせたところで、携帯が鳴りました。

 

1人部屋が2階と3階合わせて3部屋が一気に空くことになり、しかもどの部屋も

午後イチで入る人が決まっているので、最優先で掃除をしなければならないとのこと。

 

それで3階の一部屋の清掃を、急遽私が受け持つことになったのです。

 

1人部屋の掃除はとくに難しくは無いのですが、シャワー室全体を洗い流し

排水口の部品を取り外して綺麗にしなければならないので、時間がかかります。

終わった頃には普段より20分近く時間が押していました。

 

(残りの病室は手早くやらないと…)

そんな考えで一杯になり、すっかりヒーターの掃除を忘れてしまったのです。

 

思い出したのは、夜になってから。

すっかりくつろぎ、缶チューハイのプルタブを立てた瞬間です。

 

直前まで、翌日が休みという気安さに包まれて、のんびりしていたのが

プシュッという音と共に、一気に緊張します。

 

それと同時に、手に埃の付いた雑巾を持ったS木さんが、眉間に皺を刻みながら

 

「ヒーターやってなかったでしょ」

 

とやって来る様がありありと浮かび、せっかくの休日が

注意を受けるまでの待機時間になってしまったのを感じて

思いっきりテンションが下がってしまったのでした。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました