恐れていたものの正体

スポンサーリンク

あれから、ダンナは仕事を休んで寝てました。
病院には行かなかったものの、夕方になって峠は越した感じ。

私も会社を休もうと思ったけど、昨日今日は急ぎのものがあるということで
自宅のパソコンで作業しつつ、ダンナの様子を看ることになりました。
欠勤扱いにならなくてよかった・・・

ところで私たち夫婦が一番恐れていること・・・それは「病院のお世話になる」こと。
2人とも生命保険や入院保険どころか

社会保険にも国民健康保険にも入っていない
無保険状態
だからです。

大きな怪我や病気をしたら、一発でアウト。

私の方は今はともかく病気をしないように、うがいや手洗いを欠かさず
薄着はしないようにしています。

それでも去年の夏から秋にかけて、私がどうしても我慢できず
親知らず1本を抜き、臼歯を2本治療したら
6万円以上かかりました。

もし何かの病気で入院でもしたら、私のなけなしの貯金は吹っ飛び
赤字になるでしょう・・・

ダンナは無保険になるときも私には全然相談がなく
自分が風邪で寝込んだときに初めて知らされて、ショックを受けたものでした。

いつ保険のある生活に戻れるかはわかりません。
2人でいるうちはずっと無理かも。

なにしろ毎月借金の返済どころか、生活費が不足した分(10万くらい?)
ダンナが借金を増やしているのです。

せめて身体に悪そうなことは止めてもらいたいけど
ダンナは深酒してタバコは吸い放題、暖房を強く焚いて薄着でゴロゴロ
ゲームで夜更かし・・・

やっぱり先は見えてるかも・・・
もし離婚したら、自分の国民健康保険について
真っ先に役所に相談に行かなければ・・・

●今日の支出

食品             4449
酒           798
猫関連        400
日用品           3
ガス代         8845
___________
計          ¥14495

—————————————————————-
スポンサードリンク

—————————————————————-

2社のランキングに参加中です
↓どれかをクリックしていただけると励みになります ↓

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

タイトルとURLをコピーしました