義母の決断、借金は・・・

スポンサーリンク

火曜日早朝、 ダンナ家代々のお墓に。

私たち夫婦、義兄一家、義母で掃除をして
お供えをして線香を上げてきました。

そのあと義母の実家に戻り、仕出しの料理を卓に並べ
食事を始めてしばらくしたあと、義母が言いました。

「この(義母所有の)マンションを売るわ。
売ったお金は私と、お兄ちゃん(義兄)と
○○(ダンナ)で等分する」

「お兄ちゃんのところも近いし、ここは残しておきたかったけど
○○のところがあんなにもボロボロだとは夢にも思わないから・・・
あれじゃ売れないからこっちを売る」

もしかして・・・うちの借金、無くなるの?

義母は自分のマンションに思い入れが強かったので
存命の間は絶対手放すことはないと思ってました・・・

そわそわしながら家に帰り、不動産のサイトを見てみたら
義母のマンションがすでに売りに出されています。

いくらで売れて、手数料がいくらになるのかわからないけど
もし当初の価格で売れれば、借金はギリギリで消えるか
残っても数十万まで減らせるはず・・・

とはいえ、今ある借金が減ったり無くなったりしても
ダンナが稼いでない事実は変わりません。

ダンナが変わらない限り、そこからまた小さな借金を
毎月積み重ねていくことなります。

それに50代の男が、老母に尻拭いをしてもらう図、というのも
これでいいのかという気持ちがぬぐえなかったり・・・

まあ実際にマンションが売れてみないと
その先どうなるか、分らないのが正直なところです。
 

—————————————————————-
スポンサードリンク

—————————————————————-

2社のランキングに参加中です
↓どれかをクリックしていただけると励みになります ↓

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

タイトルとURLをコピーしました