4つの封筒

スポンサーリンク

義母のところに行ってきました。

以前に胸を強く打った義母、その時のケガは
ほぼ治っていましたが
しばらくベッドで横になって寝ることができず
ずっとテーブルで座って寝ていたため
脚がむくんでパンパンに。

最初はずっと脚についての愚痴を聞かされ
それはその後、義兄夫婦が来てからも続いた後・・・

義母が厚みがある封筒を4つ、小さなテーブルに並べ

「これ、1人1つね」

中を見ると、それは
帯がついたままの100万円の札束でした。

あれっ?ダンナはもうお金を受け取ってたんじゃなかったの・・・?
4つ?1人1つ?

義母の話を聞くに、まだダンナにはお金を渡してなかったみたい。

「マンションも無事に売れたから、これ皆にと思って。
残りはこれから何があるかわからないから
私に持たせておいて」

まさか嫁の分まであると思ってなかったので
ありがたい話です。

だけど、これを受け取ってしまった以上、すぐには
離婚するなんて言えない
少なくとも義母には。

だけど小さな丸いテーブルを5人で囲んで いるときに
厚みのある封筒を4つ、一度に出されて
みんなが喜んで、私も深く考えずに喜んで・・・

断れる状況じゃないし、でも、しかし、いやいや・・・

ちょっとしばらく今後のことを考える時間が欲しいです・・・

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です。

応援していただけるととても励みになります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

第1第3土曜日に更新予定。21日に更新しました。

「本当に大事にされてる?」同棲中の私に母が一言。浮気夫の正体を見抜いた理由は.../くるぴた
皆様こんにちは、『ぼっちシニアの幸せ探し貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】10万円の品物を36回払いで...? お金のない元夫がローンで買った高額品にイラッ! アラフォーで結婚した私と元夫ですが、当時、...

最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました