心に黒いものを持ちながら作るおでん

スポンサーリンク

昨夜、7時頃、台所でダンナが一言。

「おでんは無いか」

鍋にはクリームシチュー。 
代わりに作るにしても、おでんの材料はないし
そもそも仕込みに時間がかかるメニューだ。

「無きゃいい。食わん 

ダンナは休みだけど私は仕事を繰り上げてやっていた日曜日。
腹立つわー。

その場で仕事の手を休め、スーパーに向かい
材料を買って、おでんを作りました。

大根はレンジで火を通したので意外と早めに
それでも1時間くらいかかって完成。

いつもの日曜のように、それぞれの部屋で別々に
ダンナはおでん、私はシチューの食事。

食べながら思ったのは

(これも、区役所などで相談する時にエピソードとして使おう)

こちらとしては、結婚を継続するためにギリギリまで
精一杯のことはやったんだ
と。

食べ終わって、先に皿を置きに来たダンナに

「もう転職とか、副業とか考えてないよね。
ずっとこのままだよね?」 

ダンナは目も合わさず、うるさそうに

「んああ」 

と、部屋に戻っていきました。 

これも話そう。
 

—————————————————————-
スポンサードリンク

—————————————————————-

2社のランキングに参加中です
↓どれかをクリックしていただけると励みになります ↓

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

タイトルとURLをコピーしました