消毒液は無いか?

スポンサーリンク

夜、仕事をしていると猫の叫び声が聞こえた。
そのあとすぐダンナが来て一言。

「消毒液は無いか?」

私「無いけど・・・どうかしたの?」

ダンナ「猫にやられた」

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

いつも応援ありがとうございます

 


スポンサーリンク

 

そんな馬鹿な。
猫は基本的にダンナを怖がっているため
特別な時以外は遠巻きにしているのに。

しかしダンナの二の腕には長い引っかき傷があって
血がにじんでいる。

ダンナ「俺がくしゃみをしたら駆け寄ってきて引っかかれた」

確かにうちの猫は、人間のくしゃみに過剰反応し
必ず駆け寄ってきて、こちらの様子を眺める。
ダンナのくしゃみの場合でも。

だけど近寄りはしても、いきなり引っかいたりはしないはず・・・

ダンナは言わないけど、猫を抱こうとしたんだろう。

とにかく抱っこ嫌いの猫で、私だって緊急事態以外では
抱いたことはほとんどない。

それはダンナにも重々言ってあるのに
たまに寄ってきたから手を出したのかも。

痛い思いはしたんだろうけど
「何様だ」「本当にかわいくない」「凶暴だ」と
猫を悪し様に言われるのは納得がいかない。
自分が何かを言われるよりずっと腹が立つ 。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です。

応援していただけるととても励みになります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

第1第3土曜日に更新予定。4日に更新しました。

心の底から結婚したことを後悔。夫が泥酔した挙句、実家で「信じられない失態」を/くるぴた
皆様こんにちは、『ぼっちシニアの幸せ探し貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】「本当に大事にされてる?」同棲中の私に母が一言。浮気夫の正体を見抜いた理由は... 私の母は70歳の時、膵臓がんで亡くなりました...

最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました