最後の転職にすべし

スポンサーリンク
food-dessert-sweet-color-large
昨日は今年の初春まで副業の仕事を回してくれていた女性

副さん(仮名)に会ってきました。

副さんは元々、私が仕事を請け負っている会社の社員でしたが

3年ほど前、落ち込んだ景気が戻り始めた頃に独立しています。
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

スポンサーリンク





さっぽろ駅の某所にて待ち合わせ。

久々に会った副さんはやっぱり30代には見えない若さでした。

並ぶと下手したら親子に見えてしまうかも…

空いている喫茶店を探して入り、副さんがくれたアドバイスは

「中途半端に仕事を掛け持ちするのはやめた方がいい。

若いうちはそれでもいいかもしれないけど

覚える仕事は増えるし、仕事前の緊張感ってあるでしょ

そういうのの負担も増えるし

移動も増えるし、無駄に体力を消耗するから。

だから出来るだけ正社員狙いか、パートでも福利厚生がしっかりしてて

時給が高めの、給料だけで確実に暮らせるところを狙うべき。

これが最後の仕事探しにしなきゃ。

どうしても副業したいんだったら、相手の都合で振り回されないで

一人で積み上げていけるようなのがいいよ」

大体そんな内容でした。

正直なところ、会う前は

(もしかしたらまた副さんが前のような仕事を回してくれるかも)

などと期待する気持ちが少なからずあったのですが…

でも彼女も今はデザイン業の他に、ネット系のサービス業をしていて

徐々にそちらに重点を移すつもりだそう。

「私も人を雇えるくらい安定してればよかったんだけどね…」

と言われたときは、下心を見透かされたようでドキッとしました。

今回も多分、仕事を打ち切った負い目みたいなものが

副さんの方にあったから、わざわざ会ってくれたんでしょう。

帰り、電車に揺られていると、いろんなことが頭をよぎります。

会社も業務内容が変わるし、副さんも前と同じ立ち位置にいない。

周りが変わっていくのに、一人だけいつまでも同じ所を

グルグル回ってたって、どこにも行けない…

次の休みにはハローワークを当たってみようと思います。

スポンサーリンク








ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました




タイトルとURLをコピーしました