アラカンを過ぎたら

スポンサーリンク
flowers-desk-office-vintage-large

今週分のノルマを昼前に提出して、ホッと一息。

一番安心してくつろげる、1週間の中で好きな時間です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

スポンサーリンク





昨日とうって変わって、曇り空。

さほど暑くはないけど、空気がじっとりして不快指数は高そう。

それでも気温が30度行かないのは大きかったようで

気付けば昼食の後、2時間ほど眠っていました。

(こんな生活も今のうちだな…)

そう独り言をつぶやきつつ

これからのことや、うーんと先のことに思いを馳せてみたり。

アラカン(60歳前後)を通り越して、老齢の域に差し掛かった後どこに住むかは

これまでもときどき考えてきたのですが

以前とは少し考え方が変わってきました。

前は

関東圏>札幌>実家近く

の優先順位だったのが

今は

実家近く>札幌>関東圏
 

になってきたのです。

札幌は良いところで、大好きな街。

空気はカラッとしているし、食べ物も美味しいし…

でも歳をとってからのことを考えると、冬の足場の悪さが怖すぎます。

他の地域と比べて、杖をつくお年寄りの割合も多いです。

頼る家族もいない以上、足腰に故障を負うわけにはいきません。

出来れば友人知人が多い関東圏に戻りたかったけど

そこまでの金銭的な余裕は作れないでしょう。

家賃だけで国民年金など吹っ飛んでしまいます。

結局思いつくのは、兄弟や親せきからはそんなに近くはないけれど

いざ冠婚葬祭があれば、そこそこの時間で行けるような場所に移り住むこと…

子どもがいない以上、自分にもしものこと…

たとえば孤独死するようなことがあった時に

誰かにかける迷惑を極力少なくしたいのです。

結局親戚付き合いからは逃れられないものだと

歳をとってから、とくに思います。

スポンサーリンク








ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました




タイトルとURLをコピーしました