買った傘を30分で手放した理由

スポンサーリンク

 

このところ天候が落ち着かなくて、晴れたり、降ったり、曇ったり。

昨日も午前中は晴れていたのに、リハビリに行こうとバス停の横に立ったら

突然大きな雨粒が落ちてきました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

いつも応援ありがとうございます

 


スポンサーリンク

 


 

その時はバスがすぐに来たので事なきを得ました。

バスの走行中に雨が小降りになってきたので、そのまま整形外科へ。

 

いつものように低周波治療を受けた後、リハビリを受けると、療法士さんに

 

「肩が少し硬くなってますね」

 

と指摘されました。

 

デスクワークになったり、自宅リハビリを適当に済ませたり、ストレスがあったり

自宅リハビリをしなかったり、自宅リハビリをさぼったり…と心当たりはいろいろありましたが

 

「最近デスクワークの仕事に変わったので…」

 

とだけ答えておきました。

 

病院を出ると、まだ雨がパラパラ降っています。

仕方なく近所にあった某100円ショップで、税込330円の折り畳み傘を買い

店を出てすぐ傘を差すと、少し離れたスーパーでしばらく買い物をしました。

 

あとはバスに乗って帰るだけだったのですが、スーパーを出た途端

バケツをひっくり返したような土砂降り。

出来立ての大きな水たまりを避けながらバス停に行くと、雨宿りが出来るスペースには

すでに何人も人がいました。

 

間もなくバスが来たけれど、私が乗る方面行きではなく

バス停には私と、もう一人70代半ばくらいの女性だけが残されたのです。

2人きりになった途端、その女性がこちらに声を掛けてきました。

 

「あのね、そのお花、もう少し下まで袋に入れないと袋から落ちるから」

 

たまたまスーパーで買った仏花が、エコ袋から落ちそうだと言われたわけです。

自分としては花を傷めたくないので、花の部分はエコ袋から出るようにしていました。

別に落ちそうというわけでもなかったのですが…

 

仕方なく花束をもう少し袋の奥に入れると、女性はそのまま私の横で話を始めました。

内容を箇条書きにすると

 

●自分はバスを待っているのではなく、雨宿りをしている

●急にすごい土砂降りになって、ここから出られない

●隣接しているマンションの人が出てきたら、傘を借りようかと思ったが誰も出てこない

(別にマンションの住人と知人というわけではない)

●通りがかりの人も誰も傘を貸してくれない、世間は冷たい

●前、神社に行って雨に降られたときは、神社の人が「返さなくていいから」と傘を貸してくれた

●(私に対して)バス停から家まで近い?どれくらい?

 

直接言われないけれど、滅茶苦茶私の傘を貸して欲しそうです…

次のバスを待つまでの間、延々そんな話を聞かされました。

 

結局、バスが来た時に、その人に傘を渡して帰ってきました。

 

なんというか…このままこの人に、返ってこない傘を貸す義理もないし

私だって自分の傘1本しか持っていないのです。

 

しかし、このまま傘を貸さずにバスに乗ると、あとあと何か遺恨が残りそうな…

もう会うことが無いのは分かっていても、何とも言えない感じになり、貸してきました。

 

単に自分が小心者なだけなのですが…

バスが下りるバス停に近付いてくる頃には雨も小降りになったし

ここ数日ついてない日が続いたので、これで厄が落ちて

運気の流れが変わればいいなと思います。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です。

応援していただけるととても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

 

タイトルとURLをコピーしました