パートの店長さんの反応

スポンサーリンク
pexels-photo-1459103

今日は2つのパート、どちらも休みです。

慣れない仕事なのと8時間労働で、久々に身体も頭もフル回転した感じ。

「休みだ」と思ったら、緊張感が解けたのか、疲れが一気に出てヘロヘロ…

その代わり副業の自宅作業がありますが、出掛けないだけで疲れ方が全く違います。

このまま楽な服装で、一日のんびり手作業をして過ごす予定です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ


スポンサーリンク





ところで昨日、これまでのパートの店長さんに、別のパートを掛け持ちで始めたことを
報告しました。

3時になる少し前に、店長さんが1人でカウンターに入っているのを

見計らって声を掛けました。

「あのー、すみません、ちょっとお話があるんですけど…」

店長さんは一瞬怪訝な顔をしたものの、すぐに普通の表情になり

カウンターの出入り口に近い方に立って

「はい、何かありました?」と答えました。

私が近所の店で午前11時から午後2時までの3時間、新たにパートを始めたことを告げると

店長さんは少し顔をしかめて

「掛け持ちはまあいいけど…同業者…というか、競合店じゃないよね?」

と聞かれました。

慌てて

「違います、〇丁目にある◯◯◯です」

と答えると、店長さんの表情はまた普通に戻って

「あ~、あそこね。わかりました」

と納得したように返事をした後、こう付け加えました。

「古株の人が声を掛けてくると、ちょっとドキッとするんだよね」

以前に、古くからいる人がバラバラと辞めていった時期があったため

その辺りのことを言っているんだろうと思います。

同業の、もっと待遇の良いところに移った人もいたので…

私は古株というほど古くないし、同業他社は考えていなかったけれど

社保付きのパートがすんなり見つかっていれば、転職していたかもしれないですし。

一応報告が済んだので、自分の持ち場に着こうとする際に、店長さんが

「本当は、くるさんの時間変更するのどうかと思ったんだけどね、本社の意向が

あるから、なかなかね…」

と言ったので

「あ、そういうのはもう気にしないでください」

と答えて、その場を離れました。

お互い、社交辞令半分、本音半分だと思いますが、終わったことだし

もう状況は新しい方向で落ち着いています。

余程のことがなければ、このままで頑張って続けて行きたいなと思うのです。

スポンサーリンク








ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました



タイトルとURLをコピーしました