深夜に叫ぶ赤鬼

スポンサーリンク

昨日の夕食時、ダンナに先月の収入のことを
それとなく尋ねてみました。

「相変わらずだ」
「準備は出来てるが、相手が払ってくれない」

またか・・・

例によって、いくら聞いても、具体的な数字は言いません。
まあ、数万あればいい方でしょう・・・
期待はしてないけど。

それはそれとして、こういう話をすると、翌日まで機嫌が悪いダンナ。
深夜1時くらいに焦げくさい臭いとオーブントースターの音がしたので

「ああ、ダンナが腹を減らしてパンでも焼いてるのかな・・・」

などと、布団の中でぼんやり思っていたら

「うがあっ!!うああっ!!うぉん!!」と叫ぶ声。

見に行くと、台所の手前にパンが2枚落ちていて
廊下とドアが真っ赤っ赤
一気に目が覚めました。

台所では皿を握って仰向けに倒れたダンナが

「畜生・・・畜生・・・」

と、うめいています。

どうやら自分でピザトースト風のものを焼いて
取り出そうとしたときに、熱くてひっくり返し
ヤケになって本人もひっくり返っていたようです。
酔っ払いが真っ赤な顔して、鬼みたいですよ・・・

ダンナが作るピザトースト(風のもの)は
食パンに先にチーズを載せて、上からケチャップを大量にひねるので
もうあっちこっちが真っ赤。

キッチンの前の廊下はカーペット敷きなのに・・・
血じゃないだけでも良かったとするべきか

—————————————————————-
スポンサードリンク

—————————————————————-

2社のランキングに参加中です
↓どれかをクリックしていただけると励みになります ↓

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

タイトルとURLをコピーしました