義母から電話で責められた

スポンサーリンク

昨日の夕方、義母から電話が。

「○○(ダンナ)にね、国民健康保険に入れって言ってやったの。
また入るのに何年分かのお金が要るっていうんなら
こっちだっていろいろ考える。
ダメだよ?あんた。夫婦なんだから。
ちゃんと話し合わなきゃ。
亭主がダメなら、あんたがしっかりやって家庭を切り盛りしなきゃ」

文字では伝わりにくいけど、かなり強い口調だ。

ああ・・・ダンナが日曜日、とんぼ返りで帰宅した理由が分かった。
こんな調子で母親に詰め寄られたのだろう。

だけどどんなにきつく言われようと、やれないものはやれない。

話し合いができるものなら、とうの昔にやっている。
できないから今に至っているのだ。

こちらが何を問おうが、ダンナは絶対答えない。
そして提案は受け入れない。

自分のプライドを傷つけるものは、徹底的に排除する。
たとえそれが助かる道だとしても。

私だって本当のことを聞かされないまま、苦労だけ押し付けられてきた。

やらない嫁のせいだと責められたって、どうしようもない。
責める相手が違う。
 
義母には伝えなかったけど
私はもう、ここを離れる人間なのだから。 

—————————————————————-
スポンサードリンク

—————————————————————-

2社のランキングに参加中です
↓どれかをクリックしていただけると励みになります ↓

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

タイトルとURLをコピーしました