削りたいものは2つ

スポンサーリンク

ダンナと別々に暮らすようになったからと言って
生活が経済的に楽になったわけではない。

今までダンナの分も払ってきた食費や日用品
雑費、光熱費、水道費が 半分になる代わりに
家賃を払うようになっただけだ。

それで得られる精神的な自由は
お金には換えられないけれども。

家で仕事をする以上、電気代、灯油代、通信費は削れない。
節約するとしたら食費とガス代、水道代くらいになる。

今だから書くけれども、ダンナといるとき
風呂やシャワーは一日おきで、それが苦痛でしょうがなかった。

ストレス発散、リフレッシュする意味でも 風呂は毎日入りたい・・・

となると、削れるものは食費くらいか。

酒が無くなっただけで月2万円近く浮く。

でも同居中はストレスがひどく、食べても食べても満腹感が無く
その分、1.5人前くらい食べていた。

それを1人前にして、食材を安いものに変えればいけるだろうか。

食費と一緒にぜい肉も削れていってくれれば
それに越したことはない。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です。

応援していただけるととても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

第1第3土曜日に更新予定です。

 

タイトルとURLをコピーしました