賃貸契約と新しい鍵

スポンサーリンク

a1180_013566

 

午前中、不動産屋さんに出向いて、新しい住まいの賃貸契約を結んできました。

これで引っ越そうと思えばいつでも引っ越せます。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク





 

契約時は賃貸契約書と保証会社との契約書、火災保険の契約書

家賃の口座振替の申込書などを順に机に広げ、重要事項の説明を受けながら

最後に署名と捺印をしていき、最後に見積書に書かれた金額を渡して終了しました。

 

見積書を見ると、フリーレント1ヶ月で敷金・礼金は基本的にゼロだったものの

猫がいるのでペット礼金が1カ月分かかり、保証会社の契約料と火災保険

不動産屋さんの紹介料を合わせて、12万円以上かかっています。

 

でも賃貸契約が全て終わり、最後に書類の控えとこれから住む場所の鍵を渡されたとき

自分の居場所が変わる実感が、鍵のひんやりとした金属の感触と一緒に

指先から伝わってくるような気がしました。

 

このあと電気・ガス・水道などはメーターの下などについているハガキなどで

自分で個別に契約していくことになります。

 

帰宅後に何だか疲れてしまって、1時間ほど横になって

これからのことを考えていました。

 

やることは多いし、出費もかさむ…

けれど、その先にあるのは、今より時間に縛られない便利な生活です。

 

もうしばらくの辛抱なので、頑張っていかなければ。

スポンサーリンク

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました



タイトルとURLをコピーしました