-7℃の通院

スポンサーリンク

 

寒波が訪れて、日中も気温は-7℃。

仕事中は建物の中にいて動いているから、何も感じないけれど

仕事を終えて一歩表に出れば、そこは極寒の世界です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 



 

仕事を終えた午後、今日は猫の病院の予約がありました。

だけど外は今年一番の寒さ。

 

かなり迷ったけれど…猫を連れて外へ。

 

雪が降っていない。

路面が凍結していない。

この2点で、予約通り病院に行くことを決めました。

 

下手に日延べをしても、次の予約日が吹雪いたり、路面がツルツルだったら

目も当てられないからです。

 

病院までは300m足らずと、中途半端な距離なのと

一度猫を連れていて乗車拒否にあったので、タクシーを使う気にはなれません。

 

キャリーの敷毛布の下に、使い捨てカイロを3つ入れて、猫自身にも2つ折りにした毛布を

掛けているけれど、どれくらい効果があるかは私には分かりません。

 

私自身は更年期でサーモスタットが壊れているため、手足の指先が冷たいと感じる程度でしたが。

 

病院では、最初に問診、その後体重を測ってレントゲンを撮ることになりました。

 

血液検査や注射が無いので安心して待合室にいると、遠くから

シャーーーッと威嚇する声が…

 

「すみません、レントゲンは仰向けと横向きの2枚を撮るはずが

怒ってしまって撮れませんでした」

 

毎回毎回うちの猫が怒ってしまい、できない行程があって

先生には申し訳ない気持ちになります。

 

でも特に肺に転移などは見られず、ホッとしました。

 

次に動物病院に行くのは約1か月後ですが、出勤日などの予定が立たないので

予約はしていません。

 

ただ、猫は連れて行かずに私だけが行き、問診をして薬をもらう形になりました。

できれば冬の間中、ずっとそうしてもらいたいものです。

 

今回の病院代はレントゲンと薬で跳ね上がり、14,850円。

物入りの師走だけれど、延命の値段だと思えば仕方がありません。

 

来年も、できれば再来年も、通院している話を書ける状態でいられるなら、安いものです。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました