肉体労働と陰の拘束時間

スポンサーリンク

 

降る雪をカーテン越しに眺める猫。

前日の病院の強行軍のことでも思い出しているのでしょうか。

灯油を焚いても、部屋の隅まで暖気が行き渡らない今日この頃。

この後、夜明け前に出勤します。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 



 

極寒の気温のせいか何なのか、全身の関節痛が強まってきています。

更年期が一番の原因なのは間違いないのですが…

 

仕事の途中で、手に幾つも大きなゴミ袋を提げながら、鉄筋の建物を出て

外のプレハブのような簡素なゴミ置き場に行き、扉を開けっ放しで

ゴミ袋をより大きなゴミ袋にまとめて入れて、封をする作業をします。

 

その間も、半袖のシャツ1枚ですが、さほど寒くはありません。

その代わりに、身体の調節機能が全体におかしくなっている気がするのです。

 

仕事を終えて家に帰ると全身が痛くて、必要最低限のこと以外、動けません。

猫の世話、食事、トイレ、寝る。

それ以外のことが、いちいち気合いを入れないとできないのです。

 

コールセンターでの8~9時間勤務から5時間労働を選んだのは

少しでも猫の傍にいるためと、余裕が出来た時間にブログの更新などを

もっとしたいと思っていたからなのに、こんな風になるとは思ってもみませんでした。

 

自由な時間を得たつもりが、むしろ縛られる時間が増えてしまったような気持ち。

 

それでも、猫と同じ空間にいる時間自体は長くなっているし

多分簡単には辞めさせてもらえない職場です。

 

この時期に転職活動をするのも難しいし、当分このまま勤め続けるけれど

今後もっと慣れれば、疲れや関節痛、筋肉痛が減ってくるようなことはあるのでしょうか。

 

あまり想像がつきませんが、そうなって欲しいとばかり考えています。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました