他の人が履く二足の草鞋

スポンサーリンク

 

仕事が終わって一息つく時間帯。

休憩室でT中さんと一緒になりました。

 

T中さんはこの病院とは別に、午後から3時間、別の場所で清掃の副業をしています。

そこに行く前に、この休憩室でおにぎりや菓子パンを食べてから行くのです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

「何だか今日、腕のこの辺が痛くて…腱鞘炎かも」

 

T中さんはそう言いながら顔をしかめて、右手の親指の付け根から手首を通って

肘の内側までを指でなぞりました。

 

痛そうな表情に

「大丈夫ですか?」

と尋ねると

 

「これから行ってるところのモップが使いにくくて、手が滅茶苦茶痛くなる。

だんだん握力が無くなってきた。

 

モップの先っぽがうちみたいにクリップ式じゃなくて、ギュッとはめ込まないと

いけないのさ、分かる?

 

そこさ、オフィスビルで、道具洗うところがお湯が出ないのさ。

ここは病院だから、どこでもお湯が出るからいいけど…」

 

などと、これから向かう仕事の愚痴が、次から次へと溢れ出してきました。

 

道具の件もさることながら、お湯が出ない現場の存在に驚いたのですが

オフィスビルだと珍しくはないようです。

天気予報だと明日は昼でも-7℃となっているし、これからの季節は

かなり厳しそう…

 

「仕事はここよりずっと楽なんだ。

時間に追われないから。

 

人間関係も良いしね、女の人ばっかりで、皆優しくて。

良い人ばっかりなら、女だけの職場が一番楽。

嫌な人がいたら最悪だけど」

 

ふとその瞬間、S木さんの顔が浮かびました。

T中さんもS木さんも悪い人ではないのですが、2人の相性が良くないのは

一緒にいて分かるので複雑な気持ちになります。

 

「はーーーーー」

 

と、大きく息をつくと、T中さんは

 

「今から30分くらい横になってから、次行く」

 

とその場で仰向けになりました。

 

ある程度年齢を重ねたら、どの職場に行っても100点満点のところなんて

ほとんど存在しないでしょう。

しかも62歳で副業含め、一日8時間清掃の仕事をするのは、かなり厳しいはずです。

 

だから婚活に力を入れているのかも…と思いつつ、挨拶をして

先に休憩室を後にしました。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました