逃げ出しにくい職場

スポンサーリンク

 

寒い日が続きます。

出勤するときは手先足先がちくちくと痛むように寒いのに、帰りは汗だく。

効き過ぎた冷房の部屋にいる程度の感じです。

仕事で動くのと更年期障害で、気温の感覚が普通でなくなっています。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

病室でゴミ箱を持ったまま転んでから、一日。

両ひざの茶色い痣は、見事に青痣に変化しました。

 

左ひざの方が痛いと思っていたのに、右ひざに別の赤痣が出現したり

腕にも小さな青痣や、擦り傷が見つかったり、腰が少し痛かったり…

大きな音がしただけあり、派手にあちこちぶつけていたようです。

 

このところ時間の短縮が課題だったので、はやる気持ちがあったのは否めません。

でも、さすがに懲りたので、今日は慎重に慎重を重ねてゴミの回収を済ませました。

 

病室の清掃の途中でS木さんと行き会って

 

「あれからどうだった?

痛いところがあったら、診察を受けなきゃダメだよ?

仕事中だから、労災が下りるからさ」

 

と言われました。

 

「ちょっと痣になりましたけど、大丈夫ですよ」

 

そう答えると、S木さんは

 

「その時は分からなくても、後になって(痛みが)くる場合はあるから。

一応会社にも転倒したのは言っておくからね」

 

と重ねて言ってきます。

そこまでの怪我ではないのに、会社に報告が行ったと聞いて少し焦ってしまい

 

「働けないくらいの怪我だったら、労災もらいますけど、そこまででは…」

 

と言いかけている途中で、S木さんが被せるように

 

「働けない怪我をしても、うちは治ったらまた働いてもらうからね!

心配しなくていいから!」

 

と言ってきました。

 

いやいや、もし働けないような怪我をしたら、治った後でも今のような運動量の多い仕事は

難しいのでは…

そう思ったけれど、S木さんの勢いの前に、口には出せませんでした。

 

思えば人の出入りが激しい職場だとは聞いていましたが…

 

私が聞いた話では、これまで辞めたのは

病院側から出入り禁止を食らった人と、いきなり来なくなって連絡もつかなくなった人。

そして、辞めたいと言ってから、実際に辞めるまで半年引き留められた人です。

 

何だかとんでもない職場に来てしまったような気がしますが…

とりあえず、身体が動くうちは、ここで働くしかなさそうです。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました