足首がすぐにグニャッといく日々

スポンサーリンク

 

寝室に来て、隣の居間を見ると、部屋の広さを感じます。

2人なら狭いであろう、この部屋。

1人と1匹でも狭かった、この部屋。

引っ越したい気持ちが芽生えつつあるけれど、それを引き止める気持ちもある

思い出だらけの部屋です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


 


 

 

最近ことのほか、足首が弱っているようです。

 

仕事中でも、廊下を早足で歩いていると、何も無いのに…というか

床と靴の裏の摩擦で、足が引っかかるように蹴つまずいて

転びそうになります。

 

足首がしっかりしていれば、そんな摩擦に負けないし

そもそも足を踏み込む時に、もっとしっかり床を蹴って

足の裏が床に引っかかったりしません。

多分今は歩き方がすり足に近くなっていて、高く上がっていないのです。

 

平らなところですらそんな調子なので、舗装があまり平坦でない道路などでは

ちょっとした凹凸を踏んでは、足首がグニャッと曲がって体勢を崩したり…

 

通勤時や仕事時には両膝・両足首にしっかりバンテリンのサポーターを

履いているのですが、それでもこの体たらく。

 

幸い捻挫には至らないのでまだ大丈夫なのですが、傍目にも危なっかしいし

よろけている瞬間を人に見られると、恥ずかしくてたまりません。

 

金曜日、割と帰りが一緒になるT中さんと喋りながら、病院の裏口を一緒に出て

2メートルも行かないうちに、駐車場の凹凸に足をとられて転びそうになりました。

 

その時たまたまT中さんが、袖か何かを気にして反対側を向いていたので

知らんふりをして会話を続けていたら、振り返ったT中さんに

 

「何、今、よろけたでしょ?

転びそうになった?」

 

とニヤニヤ顔で言われてしまいました。

皆、見てないようで見ているのです。

 

この1週間、歩く距離が増えて、疲れが増している影響で

以前よりも悪化しているのかもしれません。

 

慣れれば少しは楽になるかもしれないけれど、それがいつになるのか

まだまだ先が見えない話です。

 

スポンサーリンク

 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 

『毎日が発見ネット』の体験談コーナーで、連載中。

お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

ベッドから変な臭いが...年に4度はオネショする夫の稚拙な隠蔽工作/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 前回の記事:収入のことを頑なに話さない夫。パンドラの"ゴミ"箱を漁ってみると... /くるぴた 夫婦とはいえ、元々は他人同士。 結婚前と...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました