病院で昼間からアレが出た話

スポンサーリンク

 

最近はゴミを集める作業の後に、T中さんと出くわすことがよくあります。

みんな大体決まったサイクルで仕事をしているので、時間帯が合うようになると

割と会いやすくなるのです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

 

今日は特に彼女の方が物凄く話をしたそうな顔で

「ちょっと聞いて聞いて」

と呼び止めてきました。

 

「今日ね、皆にこの話ばっかりしてるんだけどね。

なんていうか、頭の誤作動みたいな感じなのかもしれないけど

でもちゃんと見えたんだよね。

 

昨日さぁ、仕事が終わって、そこの流しでモップを洗ってたんだ。

そしたら濃い青の制服を着た助手さんが、スーッと

左側の視界に入ってきたんだわ。

 

窓のほうに行ったから、外を見に来たのかなと思ってさ。

でも洗面所を出て行く感じがなかったんだよね。

 

で、ふと左を見たら誰もいないの。

うわぁと思ってさ。

なんかもう、誰かに言いたくてたまらなくて」

 

とくにこの病院で過去に亡くなった職員さんがいるような話は

聞いたことが無いのですが…

 

しかしT中さんがモップを洗うのは、午前10時台前半。

寝呆けるような時間帯ではありません。

 

実は私も以前、患者さんが居るはずのない早朝の職員用トイレで

患者さん用の寝巻きを着た男性が、個室にドアを開けたまま入っていて

次の瞬間には居なくなり、ギョッとした事があります。

 

多分、T中さんが言うところの『頭の誤作動』、平たく言えば

見間違い、勘違いの類ではないかと思われるのですが…

 

私たちが担当している棟は整形外科なので、内科とは違い

亡くなる患者さんはほとんどいません。

少なくとも私が勤め始めてからは誰もいませんでした。

 

それでもやはり病院という建物には独特の空気があるのでしょうか。

そういうモノを脳が勝手に見てしまう下地が、何かあるような気がするのです。

 

今日のレシート

 

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験談コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

同棲中の住まいに初対面の義母がアポなし訪問! 2人きりのリビングで尋問が始まった.../くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 前回の記事:お酒無しではいられない夫がアルコールアレルギーになった結果...!/くるぴた いろいろな意味で、常識の枠を超えた元夫。 この...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました