眼科の検診、そして

スポンサーリンク

 

チャッ、チャッ、チャッ、と猫が餌を食べる音が、小さく聞こえてきます。

シンクには開けたばかりの空き缶。

真夜中、明かりが灯る台所にて。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク





 

昨日は一旦仕事から帰った後、眼科の定期検診に出かけました。

検診と言っても、今回は視力と眼圧を測るだけです。

 

眼科ですが、来院すると額でピッと体温を測られます。

今日は36.0℃。

私としては比較的高い方ですが、やはり1回測り直しをされました。

 

視力は、待合室の横で、看護師さんが測ります。

結果、裸眼で右が0.05、左が0.03のド近眼。

 

それでも矯正視力は左右とも1.2まで出せますが…

何歳になっても地味に近視が進むのが、ちょっと不安な感じはします。

 

眼圧は先生しか測れないので、しばらく待合室で待機。

コロナ以降、患者数が減ったので、以前は20分以上待ったのが

10分ほどで順番が回ってきました。

 

同世代くらいの女性の先生が、最初に麻酔効果のある目薬を入れ

眼圧専用の機械で計測します。

 

今回は左右ともに13。

正常値が10~20で、前回は15あったのでちょっと下がりました。

とはいえ、もともと眼圧が正常値タイプの緑内障なので、特に影響はないのですが。

 

緑内障は視神経が薄くなる病気です。

視神経は再生しないので、治らない病気とされています。

 

逆に言えば、視神経さえ再生できれば、治る病気になるのです。

IPS細胞が発見されたりして、医学の進歩を期待しているけれど

なかなか実用化されません。

 

独りで長く自立して生きるには、どうしても最低限の視力が必要です。

一日でも早く、緑内障が完治する病気になるのを、十年一日の思いで待っています。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 



タイトルとURLをコピーしました