毎日が発見ネット更新と元旦の仕事

スポンサーリンク

 

今日も初日の出よりも早く家を出ました。

今年の仕事始めは通常営業です。

−10℃にもすっかり慣れて、滑らないように雪を踏み締めながらの出勤です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


スポンサーリンク

 


 

 

元旦の病院はいつもより静まり返っています。

職員さんも最低限の人数しか出勤していません。

 

まあ、最初の2時間は、元々人がいない場所の清掃なのですが

普段は早出している薬剤師さんも休んでいるようで

いつもは大急ぎでやっている薬局を、ちょっとだけスローペースで

やってみたりしていました。

 

ゴミも年末に倒れそうになりながら片付けたので、今日は少なめ。

空っぽのゴミ箱が多くて、苦あれば楽ありです。

 

私が受け持つ病棟は、入院している患者さんが一気に減って

満床時の4割いるかいないか、くらいでした。

 

それでも残っているのは退院不可能な患者さんばかり。

静かな病棟に、時折叫び声やナースコールが響いて

看護師さんや助手さんが、その度に小走りしています。

 

患者さんが少ないと病室の掃除が楽だから…と油断していたら

すれ違ったS木さんから、こう言われました。

 

「今日は時間あると思うから、窓際に人が居ない部屋は窓の桟を拭いてね」

 

既に掃除が終わった部屋に戻って、二重窓の内側の窓だけ開けて

窓の桟を拭いていきました。

 

外側の窓は凍っていて開かないのですが、桟の部分もすごく冷たいのです。

雑巾の水分が凍ってシャーベット状になったり、雑巾本体が桟に

くっつきそうになります。

 

結局定時を少し過ぎて、仕事を終えました。

 

冷え切った自宅に帰って、暖房のスイッチを入れてもなかなか暖まってきません。

ふと、なんで自分がここに居るのか、見失ったような気分になりました。

 

でも、もし故郷に帰ったとしても

「故郷だからここに居る」という理由が見つかるだけで

部屋に1人でいるのは変わらないのです。

 

ストーブの前を陣取り、温かいお茶を飲んでいるうちに

部屋が『居場所』に戻っていきました。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

本日更新しました。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

我が家が貧乏なのは「猫」のせい? 光熱費すら払えない薄給夫の根拠なき主張/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】洗い物の手順まで指導され... アラフォーの新妻にダメ出ししまくる義母/くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知り合った彼と5...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました