初めての電話であたふたする

スポンサーリンク

 

久々に少し暑くなった火曜日。

午前中に心療内科に行ってきました。

休みを取っているのに、気が休まらない一日です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

いつも応援ありがとうございます

 


スポンサーリンク

 


 

 

昨日、出勤して打刻すると、近くにいた男性のSVさんに

 

「今日は最初からセンターの方に行ってください。

今日から全員OJTの方に移ります」

 

と言われました。

試験の結果は分からないけれど、とりあえず全員、次の段階には入れるようです。

 

センターの奥の方にある新人用のスペースに行くと、そこにいたのは

私と同様に再試験を受けた人。

 

後ろから付いてきたさっきのSVさんが

 

「えーと、今日は3人しかいませんが、最初の試験に受かった人は

来週からのスケジュール調整で今日は休みです」

 

と言いながら、ホワイトボードを引っ張ってきました。

 

来週から土曜日か日曜日のどちらかでOJTを行いますが

どうやら出来の良い人たちは土曜出勤で、出来の悪いグループは日曜出勤と

分けられたようです。

 

最初は3人で例題を出されて、書類の処理と電話を掛けるロールプレイング、そして

電話を掛けた後の後処理などをやっていました。

 

その途中、今日指導をしているSVさんに

 

「今日は○○さん(一番偉いSVさん)がいないので、僕の方でくるさんの面談と

試験の返却をします」

 

と言われて、会議室に呼ばれました。

 

返された答案はホントに及第点ギリギリ。

落ちていなくて良かったけれど、この状態で午後から本物のお客さんと

やり取りをするのかと思うと血の気が引きます。

 

「OJTの間は僕らSVが隣について、どの順で電話を掛けるかや

何を聞くかを最初に教えるので、実務で覚えていく形です。

最初は簡単な案件しか回さないので安心してください」

 

と言われたものの、実務ではそれこそいろんなパターンがあります。

あと3週間ちょっとでどこまで付いていけるのか…

 

午後の食事休憩を経て、残り4時間、いよいよリアルに電話を掛ける番が回ってきました。

私のところに回ってきた案件を見ると、一般のお客様ではなく

会社と取引のある業者さんに掛ける電話です。

 

お客様よりも電話に慣れている人が相手なので、確かに初心者向けだとは思いました。

机に聞かなければいけないことを列記したメモと、その横にスクリプトを置き

ボールペンを片手に電話を掛けました。

 

内容は個人情報などいろいろあって、ここに書くことが出来ませんが

聞きたい内容は先方からどんどん話してきて、スクリプト(台本)はほとんどすっ飛ばして

最低限の会話をしているうちに、すぐ終わってしまいました。

 

「必要な内容さえ全部聞ければ、それでいいから。

あとは後処理をしっかりやって、向こうの偉い人に持って行って」

 

とSVさんに言われて大急ぎで後処理をしましたが…

それでも時間がかかってしまい、結局今日は3人とも半日で1本しか

電話を受けられませんでした。

 

「覚えれば大丈夫」と、どのSVさんにも言われるけれど

まず覚えられるのかどうか…

 

身体は楽だけれど、精神的な緊張感や疲労が強くて、帰宅した後目が冴えてなかなか眠れず

日付が変わってから、しばらく控えていた睡眠導入剤を飲んで横になりました。

辞めないし、まだ頑張るつもりだけれど、なかなか先は厳しいです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です。

応援していただけるととても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

 

タイトルとURLをコピーしました