平地と階段の差が大きくなる

スポンサーリンク

 

日付はすでに月曜日。

休みはいつもあっという間に過ぎ去ります。

今週は外回りの掃除を担当。

いつもより短い3日間、頑張ります。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク





 

仕事に行かない日も買い物などで1日5,000歩は歩くようにして、しばらく経ちます。

 

普段から仕事で1万歩以上歩いているので余裕があり、家に着く前までは

(この調子ならまだまだ歩けるな)

と思っているのですが…

 

いざ自宅マンションに着いて、一歩階段を上がろうとすると、途端にきつくなります。

ロボットのようにギクシャクしながら、必死に自分の階まで上るのです。

 

一番負担がかかるのが膝、次に股関節、そして太ももの筋肉。

平地ではそれほど辛さを感じないのに、20㎝の段差があるだけで全く違います。

 

仕事の帰りはもちろん階段が辛いのですが、それは1万歩以上歩いているからだと

思っていました。

5,000歩でもあちこちが痛むとは…

 

そう思っていた昨日、往復2,000歩で行ける近所のコンビニに所用で行った帰りに

自宅の階段を上ったところ、またも膝・股関節・大腿部の筋肉がヒーヒー

悲鳴を上げ始めたのです。

 

思えば、今の勤め先に復帰して1カ月。

長距離を歩いて、だんだん身体が鍛えられてきたと思っていたけれど

掃除道具を台車に載せているためエレベーターを使い、階段はほとんど使っていません。

 

使うとしても、階段掃除の時に一段ずつ上の階から降りるだけ。

一切階段を上っていませんでした。

 

歩く筋肉は鍛えられていても、上り下りする筋肉は全く鍛えられていない

なまくらな状態だったのです。

 

何というか、ガテン系の仕事をして、多少体力が付いてきたからといって

ちょっとイイ気になっていました。

 

ただ、膝はあまり負担をかけると痛みが慢性化しそうなので

階段の上り下りを増やしたりはせず、仰向けでバタバタしたり等の運動を

ときどきするくらいに留めようと思っています。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 



タイトルとURLをコピーしました