他の人の出勤時間が1時間遅くなる

スポンサーリンク

 

陽が射し、ところどころに小さな白い雲が浮かぶ、青い空。

これが夜中に大雪を降らせたのかと疑ってしまいます。

一歩外に出れば、-5.8度の冷気が全身を刺して、それが間違いのない事実だと

気付かされるのですが。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


 


 

朝、身支度をして、戸締りをして、いざ出掛けようと階段を降りると

新しい雪がどっさり。

 

マンションの正面玄関の扉の前に30㎝近く積もって、なかなか開けられません。

 

力任せに何とか押し開けたけれど、雪が深くて一歩を踏み出せず

玄関に置いてあった大きいスコップで30cm幅の道を作って、何とか歩道へ。

この段階でちょっと疲れてしまいました。

 

そんなこんなで、職場にたどり着くのも大変です。

私はいつも7~8分歩くところを10分以上かかりましたが、それは生易しい方。

 

普段は地下鉄で通勤しているT中さん以外、5時半に出勤するのが基本なのですが…

 

でも昨日まで自転車通勤をしていたY崎さんも地下鉄通勤。

S木さんは会社の車で課長に送迎してもらっているのですが

30分以上遅れて出勤しました。

 

S木さんは

 

「今まで課長に送ってもらって来てたけど、課長が腰が痛いだなんだで

なかなか思う時間に来れないからね、明日から地下鉄で6時半に来ることにした。

本人も『だったら俺は7時でいい』とか言ってたしさ」

 

などと言っていたので、雪だけが原因ではなさそうですが…

 

しかしこれでは、私以外の皆は6時半以降の出勤になってしまいます。

5時台に済ませないと都合の悪い仕事もあるのでは…と思っていると

 

「手術準備室とか看護師さんの更衣室はくるさん担当だから

私らは6時半でも別にいいからね」

 

とS木さん。

私はもともと早朝に済ませる場所を、最初からあてがわれていたようでした。

まあ、職場に一番近くに住んでいれば、そういうものかもしれないけれど…

 

雪国において、勤務先まで徒歩圏内に住んでいる従業員の使い勝手を考えたら

本人の希望はさておいて、そりゃ会社も配置転換するだろうな…などと

改めて思ったりもしたのでした。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました