1日2回罠を踏んだ

スポンサーリンク

 

雲一つない青空を、久しぶりに見ました。

でも風が強く、もうひとつ春らしさはありません。

それでも開花予想は明日。

少し遠回りして、桜の植わっている団地の横を通ってみようかと思います。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


 


 

仕事にも慣れてきた昨今。

あまり緊張感も無く、ルーチンワーク気味に

 

「失礼します、お掃除入ります」

 

そう声を掛けて病室内に一歩踏み出したら…

踏んだ感覚がいつもと違います。

 

固い床ではなく、カーペットのような踏み心地。

それと同時にチャイムの音が響きました。

 

そして駆けつける看護師さんの足音。

あー…やってしまった。

踏んではいけないものを踏みました。

 

これはいわゆる『徘徊』をしてしまう患者さんが、部屋から出ないようにするためものです。

 

今まではもう少し茶色いような色合いのマットで、部屋の前からでも

置いてあるのが何となくわかったので、事前の予告が無くても

避けることができたので、油断していました。

 

今日敷いてあったのは、病室の床とそっくりな、淡いグレーベージュのマット。

保護色だったのです。

 

飛んで来た看護師さんに気を付けるように注意され、頭を下げながら

ダスターモップをかけました。

 

そんなこんなで、半日の仕事を終えて帰宅。

靴を脱いで一歩室内に踏み込むと、今度は足の裏にじっとりした感触が…

 

どうやら猫が玄関マットに粗相をしていたようです。

自宅に帰って気を抜いたところだったので、びっくりして飛び上がりました。

 

日に2回もこういうことがあると、何だかやる気が削がれてしまい

午後は制服と玄関マットで、2回洗濯機を回して、あとはゴロゴロしていました。

 

ツイてない時は動かないに限るのです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました