履歴書が微妙な人と募集内容が微妙な会社

スポンサーリンク

 

今日も仕事上がりに休憩室で、S木さんと鉢合わせしました。

S木さんの方は休憩中だったようで、守衛さんの椅子に座っています。

 

「いやー、昨日ね、面接したんだけどさ…

何か、やっぱダメだったねえ」

 

手にしたコーヒーカップを中身を回すように揺らしながら、S木さんが言いました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク

 


 

どうして不採用にしたのか、それとなく尋ねてみると、S木さんは

 

「なんかさあ、職歴に○○新聞社って書いてあったんだあ。

だから編集とか経理とか、そういう仕事をしてたのかと思ったら、配達だって。

それは『○○新聞社』じゃなくて、『○○新聞専売所』とかでしょ。

 

他にも話を聞いてて、どうも胡散臭いっていうか、不自然な感じがして、ダメだったさあ」

 

なるほど…

確かにそういうことだと、あまり採用する気にならないかもしれません。

 

でも、こちらも本当は朝5時半に出勤なのに、求人募集の勤務内容では

確か6時半と記載しているはず…

 

確かに地下鉄やバスで通勤する人は、その時間なのですが

徒歩や自転車、車など、始発時間に縛られない交通手段の人は

午前5時半に来るように言われているのです。

 

もちろん6時半と書けば、5時半よりは応募してくる人が多くなるでしょう。

だけど、それでは職歴を実際より良さそうに書いてくる人のことを

あまり批判できないのでは…

 

そう思って、言いかけたけれど、やめました。

長いものに巻かれるとは、そういう事です。

 

個人的には面接の段階で実は5時半でしたと説明し、それでもいいという人は

とりあえず雇ってみるくらいで丁度いいのではと思っています。

残ればOK、ダメなら自分から辞めていくでしょうし。

 

この調子だと、私が勤めている間に新しい人が入るのは難しいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました