「普通に」とつい口に出て失敗した

スポンサーリンク

 

雪が降るようになってから、出勤時に自分以外に歩く人を数人見かけるようになりました。

通勤・通学で余裕をもって、家を早く出る人が多いのでしょう。

寒そうに身を縮めながら、重心を落として歩いて行きます。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


 


 

昨日も一日のノルマを終え、休憩室に戻ると、S木さんとY崎さんがいました。

 

挨拶をして中に入り、話す2人の話に聞き耳を立てると、どうやらS木さんが

Y崎さんに体菜の粕漬を進めているようでした。

私が誕生日プレゼント(?)にもらった、アレです。

 

しかしY崎さんはまだ若いので、あまり気乗りしていない様子。

S木さんが

 

「お酒飲むんだったらアテになるし、自分で言うのも何だけど結構自信作だよ。

くるさん、あれ食べてどうだった?」

 

と、急にこちらに話を振ってきたので、咄嗟に出た言葉が

 

「あれ、普通に美味しいですよね」

 

でした。

 

あっ…

いやいやいや…

 

「普通に」美味しいって、誉め言葉としてはイマイチ過ぎるでしょ…

S木さんの表情が、ほんの一瞬止まりました。

 

焦っていると、S木さんはすぐいつもの雰囲気に戻り

再びY崎さんに体菜を勧め始めましたが…

 

なんとなく居たたまれない気持ちになり、そそくさとコートを着て

職場を後にしました。

 

口が滑るというのは、こういうことでしょうか。

まあ言っちゃったものは仕方がありません。

 

何でもない日常会話の中のちょっとした失言が、時間と共に風化して

記憶から消えていくのを待つのみです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました