体温計を奪われた

スポンサーリンク

 

このところ気温は氷点下ばかり。

昨日は最低気温が-10℃を超えています。

朝5時半に完全に冷え切った身体で出勤すると、守衛さんはセクハラ気味の人でした。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク

 


 

とりあえず出勤表に時間を書き、体温を測ってサッサと立ち去ろうと額に

体温計を額にピッとかざしたところ…

 

33.4℃。

 

あまりに冷え過ぎて、正確な熱が測れていません。

 

しかも、この体温計は型が古いのか、一度測ると次に測れるようになるまで

2分程のタイムラグがあるのです。

その2分が意外と長くて…

 

その間、守衛さんと体温計がなかなか測れないと話をしていましたが

少し時間が経って、ようやく測れるようになったかな?と思ったところで

急に守衛さんが

 

「そんなに測れないもんかね?」

 

と言い、置いてあった体温計をパッと取り、自分の額にかざして

熱を測ってしまいました。

 

「ああ、36度3分って出たわ」

 

えええええ…

守衛さんはもう自分の出勤時に熱を測って記録してあります。

その時点で測る必要なんて、全然ありません。

 

こちらはすぐにでも熱を測って、急いで仕事を始めないと

時間内に仕事を終えられないのに…

 

そこからの2分が正直苦痛で、話すことも思い浮かばず

「はい」とか「そうですね」などと答えるだけでした。

 

出勤して最初に会うのがこの守衛さんだと、毎回士気が下がってしまって困ります。

かと言ってこの職場で働く以上避けようもないし、これも仕事の内と思って

割り切るしかないのです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました