辞めたいと言い出しにくい空気

スポンサーリンク

 

昨日今日と遅番で、昼からの8時間勤務。

昨日は出勤すると、職場はもう慌ただしい雰囲気でした。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

いつも応援ありがとうございます

 


スポンサーリンク

 


 

 

「お疲れ様です」

 

声を掛けて席に着くと、SVさんは研修中の講師だった2人のうちの男性の方。

分からない時に聞きに行きやすいのでホッとしました。

 

ただ、もう一人の講師だった女性のSVさんに比べて、面倒見は良いけれど

厳しいところがあり、わざと少し難しい案件を

あてがったりするので、気は抜けません。

 

案の定、昨日も3件、私にとっては難易度の高い案件を担当することになりました。

 

そのうち2件は電話自体はそこまで難しくないけれど、報告するときの文章などが

長く煩雑になるので、時間がかかってしまう案件。

 

どう書くのが正解なのか案件ごとに違うし、それを理解しきっていないので

他の人のようにサッサと書けないのです。

 

もう1件は普段と別のシステムを使い、私にとっては全体が難しい内容の案件。

電話の内容も難しくなります。

 

前の案件が終わらないうちに、次の案件が来てしまうので

ますます焦ってしまって…上手くいきません。

 

仕事中は必至で余計なことを考える暇がないけれど、食事休憩で

空いている休憩に行って、窓の外を見ながら食事をしていると

いろいろなことが頭をよぎります。

 

SVさんや、復帰組の彼女は、「半年もやれば分かるようになってくる」と言うけれど

もしかしたら私は『半年経っても仕事が出来なかった人間の第1号』になるのでは…など。

 

だって研修初日から3か月と3週間。

あと2か月ちょっとで一人前になれる予感が微塵もしないのです。

 

でも、誰かが辞めそうな雰囲気になると、全員に周知の形で

「ストレスが溜まっていないか、何かあれば、まず上司に相談しましょう」

という内容のメールが届きます。

 

金曜日、出社したときにも届いていました。

今、そのメールの対象になるのは、私ともう1人の辞めたそうな人だけです。

その辞めたい人でも、私よりは仕事が出来ます。

 

辞めたい人は金曜日に室長さんと面談があって

傍から見ると、辞めるとも辞めないともつかない様子ですが

昨日は普通に出勤していました。

 

この何とも言えない圧を感じる中、なかなか自分から室長さんに

「ここを辞めさせて下さい」と言うのは難しいです。

 

昨日は結局1時間残業してしまい、帰宅したのは午後11時近く。

今朝は体がだるくて、弁当作りは諦めました。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です。

応援していただけるととても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

第1第3土曜日に更新予定。

 

タイトルとURLをコピーしました