いつか、いなくなるから

スポンサーリンク

 

夜にうっかり窓を開けたまま寝ていたら、部屋にガソリンの臭いが充満しました。

ガソリンスタンドの風下に住んだ者の宿命です。

猫は玄関に避難していますが、人は玄関では眠れないのです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

明け方近くなり、ガソリンの臭いも消えました。

隣の寝室で猫が寝ているので、そっと明かりを消したら、瞬時に猫が起き

そしてまあ、怒ること怒ること。

 

引っかき傷を作りながら、再び電気を点けました。

 

明かりを消すことのどこが逆鱗に触れたのかは、不明ですが

もしかしたら、派遣時代に何度か、真っ暗な中夜遅くまで留守番させてしまったことが

あるせいかもしれません。

 

うちの猫は昔から、一切抱っこをさせない、触らせないを信条としていたのが

飼って5年以上経って、ようやく頭を撫でられるようになりました。

 

以前は自分の寝床でしか寝なかったのが、最近では私の布団で添い寝してくることも増え

大分なついてきたと思ったのですが…

今も寝室からこちらに来て、こちらの足首に顎を乗せてくつろいでいますし。

 

好きだけれど、本当に猫には振り回されてばかり。

 

それでも一旦病気になったり怪我をしたら心配でたまらないし

傍にいる間は出来るだけ自由に、気分よく過ごさせてやらなければと

妙な使命感にかられたりもします。

 

最近「いつかいなくなる時」のことを考える度合いが増えたのも一因かもしれません。

時間が経つのを遅くできればと思いつつ…

 

いまは痺れてきた足首を、そっと猫の顎の下からどけようと努力しています。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 

タイトルとURLをコピーしました