職場に来る家族

スポンサーリンク

 

また新しい一週間が始まりました。

今週のパートは外回りの当番です。

 

前回の外回りは4連休のため3日しかなかったので、ちょっと久しぶりな感じ。

ほうき・ちり取り・ゴミ袋の3点セットを持ち、関係者用出入口を出ました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

今日は風が湿気を帯びていたけれど、気温は高くなく

歩き回ってもあまり汗だくにならずに済みました。

 

マンション内の清掃も無事に済ませ、普段通り終業時間の30分前に休憩室に戻ると

いつもは先に待っているM村さんがいません。

 

珍しいこともあるものだと思いながら、2人分のコーヒーカップを用意して

インスタントコーヒーとクリープを入れて、お湯は入れずにしばらく待っていました。

 

5分くらい経った頃、ようやくM村さんが戻ってきたと思ったら

「ちょっとごめんね、先にコーヒー飲んでて」

と言いながらロッカールームへ小走りで行き、自分のバッグを持ってまた外へ。

 

M村さんはすぐ戻ってきましたが、かなり不機嫌そうな様子。

どうしたのか聞いてみると

「うちの人が家の鍵を貸せってここまで来た」

とのこと…

 

最初よく分からなかったのですが、流れとしては

 

1:旦那さんが郵便受けを見に行った際、宅配便の不在配達票を見つける

2:不在票に宅配ロッカーに荷物を入れたと書かれている

3:オートロックの扉を通って、宅配ロッカーのところに行って荷物を出す

4:郵便を見るだけのつもりだったので、カギを持ってきておらず締め出された

5:マンションの管理人が掃除中のため、受付に誰もいない

 

という状況らしいのです。

M村さんはの自宅マンションは徒歩圏内なので、奥さんの職場を知っている旦那さんが

ここまで来てしまったそうで…

 

「パジャマみたいな恰好で来て、本当に恥ずかしい」

とM村さんはかなりのご立腹。

 

確かに真面目に働いている職場に、家族がTPOをわきまえない格好で来てしまうと

いたたまれない気持ちになるのは分かります。

今回は不可抗力のようですが…難しいですね。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 

タイトルとURLをコピーしました