自分専用の台本(スクリプト)を作る目論見

スポンサーリンク

 

研修生同士で公園の近辺で食事をする、という話が先週出ていました。

その時は雨で予定が流れてしまったのですが、週が明けた昨日はなかなか天気も良く

これなら…と弁当を作らずに出勤したのです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

いつも応援ありがとうございます

 


スポンサーリンク

 


 

 

しかし休みを取っている人が一人いて、結局今回も無し。

出勤簿を確認すると、誰かが休みを入れているパターンが多く

全員揃っているのは今日と金曜日だけ。

 

一応今日も弁当を持たずに出かけますが、7月に入ったらOJTも卒業して

普通に勤務に入ります。

 

そうなると食事休憩は、人によって15分単位で時間帯がずれたりして

同期が同じ時間に全員揃うことは無くなってしまうのです。

何とか1度くらいは実現すると良いのですが。

 

昨日は前半はロールプレイング、午後からはOJTという形。

ロールプレイの方は、肝心な一文を飛ばして読んでしまい、しっかり注意を受けました。

 

一応老眼鏡を掛けて臨んでいるのですが、読む文字が2.5mm角で

ギッチリ詰まっているので、どうにも見難いのです。

でもそろそろそんな言い訳が立つ時期ではありません。

 

OJTの方は初心者でも対応できる案件が少なくて、一人1件ずつくらいしかありませんでした。

私の受け持った案件は、掛けても掛けても相手が出ないパターン。

そんなにしつこく掛ける訳にもいかず、30分待っては掛け、1時間待っては掛けを

繰り返していました。

 

そんな状態で仕事が進まなかったので、待ち時間にスクリプトをWindowsに入っている

メモ帳に打ち直して、自分専用の文字が大きいスクリプトを作ることに。

これまでは時間に余裕が無くて、なかなか作れませんでした。

 

待ち時間は自習するように言われていて、スクリプトを作っていて

いいのかどうかは分かりませんが…

 

スクリプト自体は何パターンもあって、この隙間時間に作れそうなのは、せいぜい1パターン程度。

それでも一番よく使うパターンのものを作ればある程度役に立つはず…

 

あと、共通する文言は多いので、最初に一つ作れば次に時間が出来たときに

コピペをして楽に作れるようになります。

 

とくに仕事が進んでいないのに、キーボードをカタカタやってる私に気付いたのか

いつもの男性のSVさんがスーッと背後に来て

 

「何やってるんですかー?」

 

と声を掛けてきました。

一瞬うろたえましたが、正直に

 

「スクリプトの字が小さいので、自分用のを作ってました」

 

と答えると、SVさんは

 

「あ、いいですよー。

自分がやり易くなるなら、いくらでも作ってください」

 

と答えました。

 

良かった…お墨付きがもらえれば、平日で電話の少ないときにはスクリプトを作れます。

月末にOJTが終わるまで、勤務日は今日を含め7回。

 

そのうち日曜日は忙しくて、そんな暇が無いので

あと6日間で、どこまでスクリプトを作れるかが勝負です。

 

7月以降、同じ初心者でも、最低限のことは出来るくらいに準備をしておかなくては。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です。

応援していただけるととても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

 

タイトルとURLをコピーしました