上下関係と間違った指導

スポンサーリンク

 

一日経って、点滴のために動物病院に連れてった件をまるまる忘れたように過ごす猫。

しかし本当の修羅場は火曜日。

今からとても気が重くて、どうしようもないのです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

日曜日になっても、土曜日のことをいろいろ引き摺っています。

猫のことも、そして病院のパートのことも。

 

今週はS木さんが休み、T中さんが出勤してました。

私が病室に入り掃除をしていると、共用部分担当のT中さんが

あのねえ、そういうのダメだから

と言いながら病室に入って来たのです。

 

私はS木さんに教わった、短時間で出来て、患者さんの持ち物には

極力触れないようにするやり方を遵守していました。

 

しかしT中さんは置いてある車椅子や歩行器、患者さんの持ち物全てを動かして

その下を拭き取るように言ってきたのです。

 

私のダスタークロスのモップを手に取ると

こうやらないと!

と部屋のベッドとテレビ台以外の物を動かして、床を拭き始めました。

 

正直なところ、困惑しました。

T中さんは掃除の仕事自体はベテランですが、この病院に来てからは半年経っていないし

担当は共用部分だけで、病室は一切やっていません。

 

課長やS木さんからは

 

患者さんは持ち物に触られたがらないから、極力触らないで

 

テーブルは患者さんが私物をたくさん置いてあることが多いし

落とすとまずいから、無理に動かさないで

 

埃はちゃんと取らないといけないけど、あまり長居されたくない

患者さんは多いから、なるべく手早く済ませて

 

と1カ月間教わってきていました。

T中さんのやり方だと他所では正しいかもしれませんが、少なくとも

うちの職場の場合はダメなのです。

 

しかも、やっている最中ずっと文句を言いっぱなしなので

その部屋で寝ている患者さんがとても気まずそう…

 

でもT中さんは喧嘩上等タイプというか、ここで反論すると間違いなく揉めますし

私も反論するのが苦手なので、彼女が気が済んで持ち場に戻るまでは

無理だと思い、黙って従いました。

 

T中さんが去った後、横になっていた患者さんには

何か…大変ねえ…

と言われてしまったのですが…

今後どうしたらいいのか、思案のしどころです。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました