点滴を受ける間に

スポンサーリンク

 

天に願いが通じたのか、朝には止んでいた雨。

機嫌良く起きてきた猫を、物陰に隠しておいたペットキャリーに押し込んで

怨嗟の声を聞きながら、玄関を出ました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

動物病院に着いて、15分ほど待った後、診察室へ。

先生に血液検査の結果票を渡され、今回点滴が必要な理由の説明を受けました。

 

肝臓の機能を見るALTは、標準が22-84のところ、141で

腎臓の機能を見る尿素窒素は、標準が17.6-32.8のところ、46.3。

どちらも高いです。

そのまま麻酔をかけるのには不安があるので、点滴が必要とのこと。

 

また手術当日には2食分のいつも食べているフードを持参することや

手術の注意事項について書かれた紙と、手術に関する承諾書等を渡されました。

 

注意事項には、手術前に浅い麻酔をかけレントゲンを撮り、肺への転移が見つかった場合は

手術は中止となることや、全身麻酔をかけることで腎機能が低下する可能性があることなど

が書かれています。

顔には出さないようにしましたが、だんだん不安になってきました。

 

その後、猫が奥にある処置室に連れて行かれ、私だけ待合室に戻ると

受付の女性から、手術費の見積書を渡されました。

 

費用は手術代、麻酔代、1泊の入院費を合わせて『54,880円以上』とのこと。

それ以外に酸素供給ゲージを使用するなど、他の施術が加わると

費用ももっと上がります。

 

でも事前にネットで調べた時は、10万円以上と書かれているところばかりだったので

思ったよりもかからず、少しホッとしました。

 

そうこうしているうちに点滴が終わりました。

猫の点滴は皮下に注射液を溜める方法なので、人間ほど時間はかからないのです。

 

窓口で治療費として3,630円を支払い帰途に着きました。

 

帰り道、右手に提げたペットキャリーがずっしりと重く感じられました。

 

重量は大して変わらないのに、ペットボトル2本を手に提げているときと

猫を運んでいるときとでは、猫の方がずっと重く感じられます。

 

絶対に落とさないようにと、自然と持ち手を強く握るし

できるだけキャリーが平行になるように気を遣うし…

右の手元に命を預かっている感覚がします。

 

透明な蓋の上から、ぐったり横たわる猫の姿をチラチラ見つつ

車に気を付けつつ、帰宅しました。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました