休日のシフトが変更されるらしい

スポンサーリンク

 

仕事から帰り、在宅の仕事をしている最中、電話が掛かってきました。

この時間帯の電話は95%S木さんから。

 

しかも大抵、仕事でよろしくない事態が起こった時なので

ちょっと警戒しつつ、電話に出ました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

 

「ああ、くるさん?

S木です~、今時間大丈夫?」

 

ああ、やっぱり。

 

「あのさ、守衛の○○さんが具合悪くなってさ。

病院行ったら検査入院することになって。

また私と課長が守衛代理しないといけなくなったんだ。

 

それで、くるさんの今月の平日休み、全部火曜日になってるけど

変更して欲しいのさ。

いつになるかはまだ決まってないけど、頼める~?」

 

ああ、なるほど、やっぱり。

でも選択肢は、有って無きが如しです。

引き受けると答えると

 

「ありがとね~。

いつになるかは次に出勤したときに教えるから。

じゃあよろしくお願いしま~す」

 

守衛さんは新しく決まった2人のうちの小柄な人の方でした。

3人いる守衛さんの平均年齢は70代後半。

何かあったらすぐ身体にガタが来てもおかしくない年頃です。

 

毎月シフトが決まっていても、その通りに事が運んだことがないので

いつも軽く覚悟はしているのですが…

 

自宅に戻ってから知らされるパターンは、職場にいる間に聞かされるよりも

なんとなくゲッソリ感が強くなってしまうものですね。

頭がプライベートに切り替わっているせいでしょうか。

 

それでも、病気はなりたくてなるものではないし

一番割りを食っているのはS木さん達だし…

今の状況を受け入れるしかないと持っています。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験談コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

「ドラキュラかよ...」明るい照明が苦手な夫。薄暗い部屋での生活は散々なもので.../くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】同棲中の住まいに初対面の義母がアポなし訪問! 2人きりのリビングで尋問が始まった.../くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 

タイトルとURLをコピーしました