ペットロスは不治の病と知った時から始まる

スポンサーリンク

 

本当だったら3日は祝日業務の研修だったけれど、S木さんから前日の夜に

「悪いけど3日は出てこなくていいよ。

猫ちゃんと一緒にいてあげて」

と電話がありました。

 

どういう事情かは聞かされなかったのですが、今は一日でも休みが欲しかったので

深追いはしませんでした。

猫の病気のことは普段から話してあったので、気を遣ってもらったのかもしれません。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク

 


 

そんな訳で昨日は予定外の休日でした。

 

どこにも出掛けず猫と一緒に過ごす一日。

同じように家に居るだけなのに、1カ月前とは全然違います。

 

身体がどんどん骨ばって小さくなり、綺麗だった毛並みは毛先が割れて

机の上にあるお気に入りのクッションの上から、ほとんど動かない猫。

 

その口元に、台の代わりに21個入りのコンソメの箱を置き

スープやペースト状の餌をその上に載せて、食べられるようにします。

 

トイレは机の横に、子猫用のあまり跨がなくてもいい物を置いたけれど

やはり今までのトイレに向かっていって、途中で力尽きるので

床の後始末をしたり…

 

ときどき咳き込んだり、どうかするとヒューヒュー音を立てるので

酸素ハウスに入れると、必死の形相でハウスの壁をかきむしったり

床に敷いたマットを掘るようにめくったりするので、結局出して…

 

最近は「可愛い可愛い」と声を掛けながら頭やあごの下を撫でていると

ゴロゴロ音と共に、「ンー」みたいな声を出すようになりました。

 

一緒にいて、胸がざわついて仕方なくなります。

いても立ってもいられず、叫び出したいような、泣きたいような。

 

「飼い主の様子が変わると猫が不安に思う」と書かれているのをどこかで読んだので

表には出さないで、出来るだけいつもと同じように過ごしていますが。

 

もうこのまま仕事も辞めて、ずっと最期まで看取りたいと思う気持ちや

最期まで一緒には居たいけど、この目で看取るのが怖いと思う気持ちや

よくわからない、ただ荒れ狂っている感情が自分の中を吹き荒れる一方で

(仕事には行かないと)と、普通に思う自分もいます。

 

すぐに辞めさせてもらえる仕事なら、即辞めていましたが…

 

『その時期』が近付いてきて、冷静でいられなくなるのは予想していましたが

思った以上に厳しくて、辛くて、堪らないのです。

猫よりも、まず自分を持て余しているかもしれません。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました