最後の3時間労働

スポンサーリンク

 

11月もほぼ半分が過ぎました。

どんどん空気が冷えてきて、ダウンコートでも全く暑くありません。

一部の道端には、滑り止め用の黒い砂利が入った箱が置かれ始め

冬まであと半歩といった感じです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

昨日は午後から3時間、病院のパート。

この時間帯で働くのは、基本的にこれが最後です。

いつものように道具を揃えて、4階までヨタヨタと階段を上がっていきました。

 

患者さんがほとんど来ない、裏口側の階段の踊り場に道具を置いて

4階にある倉庫と、掃除する現場を何度も往復しながらの仕事。

 

掃除以外にも、備品を補充する作業の割合が意外に多いのです。

常に道具か備品かゴミ袋を抱え、院内をうろうろして、頻繁に階段を上り下りします。

これがなかなか大変…

 

清掃ほど階段を往復する回数は多くないけれど

『エレベーターは先生と患者さんが使うもの』なので、看護師さんや助手さん達も

結構厳しいのではないでしょうか。

 

共用部を終えると、今度は病室の掃除。

一部屋ごとに掛けられる時間の目安は、4人部屋で5分、2人部屋で3分以内。

常に時間との勝負です。

 

3時間はいつも怒涛のように過ぎ、時間内に仕事が収まらず、10分から15分くらい

はみ出して働いています。

その分は残業にはなりません。

細切れの時間なので仕方ないとは思うのですが…

 

この仕事が毎日5時間になると思うと、ちょっと眩暈がしてきます。

もう決まってしまったことですが…

 

基本的な作業は変わらないはずだけれど、早朝5時半から何をやらされるか

分からないので、その辺りが不安でたまりません。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました