社員の人に話を聞いてもらうことになった

スポンサーリンク

 

昨日の朝、ゴミの回収の後、15分の休憩時。

 

管理人のK山さんに

「すみませんが、病院のパートの方だけ辞めたいんですが、どうしたらいいですか」

と聞いてみました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

K山さんは困った様子で

「いや、僕はその辺は権限がないんで、F田さんに話をしてみないと…

明日来るから」

と言いました。

 

F田さんはこのマンションを担当する社員で、毎週金曜日に巡回しています。

まだ20代後半から30代前半に見えるので、人事の権限などは無さそうだけれど

社の方に話を通してもらえるそうです。

 

今日、F田さんが来たら、管理人さんが携帯に電話をくれるので、仕事を中断して

管理人室に行くことになります。

 

なんとか無事に病院の方だけ辞めさせてもらえるといいのですが。

 

15分休憩のあと、マンションの清掃を終え、再び休憩室で休んでいるとき

同僚のM村さんが

「もう一個の方、辞めるの?」

と尋ねてきました。

 

「更年期障害で体がガタガタだから、掛け持ちとかもう無理だし…

それにもともと5時間だからここを選んだのに、そこまで出来ないから」

 

そう答えるとM村さんは

「そうだよねえ」

と答え、続けて

「やっぱあれだよね。

社保とか入ってると、パートより社員みたいな感覚なんじゃないの。

使う側が」

と言いました。

 

同じパートでも4時間だと雇用保険と労災保険しか加入の義務が無いけれど

5時間だとそこに厚生年金と社会保険が加わります。

 

別に時給は最低賃金だし、賞与なども無いのですが、社保に加入していない

パートに比べて、要望を通しやすいと思われているのでしょうか…

 

事実はどうなのか、よく分かりません。

今はとにかく体力的に無理な仕事を断りたいとだけ思っているのです。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました