話は通しておきますが…

スポンサーリンク

 

マンションの外周や駐車場の清掃を終え、ゴミ出しを終え、各階の共有部分の

3分の1程度の掃除を終えた頃、管理人のK山さんから携帯に電話がありました。

 

「F田さんが来ているけど、こっちに来れる?」

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

「わかりました、今行きます」

 

そう返事をして、使っていたモップをエレベーターホールの端に寄せて立て掛け

エレベーターに乗って、そのまま降りました。

 

管理人室に行くと、奥の方からK山さんの

「こっちこっち」

という声がして、休憩室の椅子で談笑するK山さんとF田さんが見えました。

 

私がそちらに行くと、K山さんは

「じゃあ僕は仕事に戻るんで」

と席を立ち、管理人室の方に戻っていきます。

声は管理人室の方にも聞こえるでしょうが、一応私とF田さんの2人きりになりました。

 

「一応話は伺ってますが、◯◯病院の方の仕事を辞めたいということで

間違いはありませんか?」

 

一通りの挨拶をした後の、F田さんの第一声です。

口調は普通でも、(困ったなー)という表情が覗けます。

 

「はい」

と答えると、F田さんは

「あそこはずっと人手が足りなくて、募集もかけているんですが…

次の人が決まるまで残ってもらえませんか」

と言いました。

 

「次の人はいつ決まりますか?」

とこちらが尋ねると

「それは具体的には言えませんが…応募次第になります」

とのこと。

 

「申し訳ないんですが、最近更年期障害が悪化して、関節痛がひどくなったので

ここ(マンション)だけなら続けられると思うんですが、午後や

土曜日にあそこの仕事が入ると、体力的に持たないです」

 

そう話してみると、F田さんは口調の方にも困った感じを滲ませながら

 

「そうですか…

くるさんは家も近いですし、若手なので続けられないかと思っていたんですが…

いまここで期日までははっきりお答えできませんが、一応上の者とも相談して対応します」

 

結局、話はここまでで終わりました。

あまり進展はない気もするのですが『対応します』ということは

いつまでかは分からないけれど、辞めさせてはもらえそうな感じです。

 

即、辞めるのは無理かもしれないとは思っていましたが

できれば今月中、どんなに遅くても今年中には辞められれば…と思っています。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました