新人さんには言わないでおこうと思うこと

スポンサーリンク

 

今日からようやく職場に新しい人が入ってきます。

長く働いてくれるのか、それともすぐに辞めてしまうのか…

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

 

ふと、私の後に入ってきて、すぐに辞めたO野さんが職場にいたのはいつだったかと

ブログの過去記事を見たら、昨年の12月でした。

彼女の後は誰も入っていません。

うちの職場は1年も必要な人員が1人欠けた状態で仕事を回していたことになります。

 

100人中の1人ならともかく、6人中の1人です。

それでは1人当たりの負担が大きくなっても当たり前でしょう。

 

今度の人には頑張ってもらいたいけれど、私自身が辞めたい以上

無理に引き留めるようなことを、言ったりやったりはしないし

本人が頑張るつもりなら、それに水を差すようなことは言わないようにするつもりです。

 

でもO野さんの時に

(これはちょっと失言だったかな?)

と思うことを言ってしまったことがありました。

 

それはO野さんが勤め始めてしばらくした頃に言った

 

「ここの仕事、割とキツイですよね」

 

という言葉に、つい

 

「うん、結構キツイですよね。

ここの仕事で課長さんは腰を痛めたって言ってたし」

 

と返してしまったことです。

股関節のケガで入院歴のあるO野さんは、ほどなく辞めていきました。

 

私が言ったことが全てではないと思います。

実際に仕事がきついのは間違いのないことですし。

でも、もしかしたら、軽く背中を押す要因にはなったのでは…という気がするのです。

 

今度の新人さんがどういう人かは分かりませんが、言動には気を付けて

同じ轍は踏まないようにしようと思っています。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

結婚写真の夫の目は死んでいたけど...黒歴史の結婚生活でも、唯一の「良かった日」/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】歩けないほど腰を痛めた妻にコルセットを購入しなかった夫。その驚きの言い訳は.../くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知り合...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 

タイトルとURLをコピーしました