即断即決を迫られる

スポンサーリンク

 

出勤前。

この時間、少し前までは『朝』だった窓の向こうの景色が

すっかり『夜』になりました。

これから冬になれば『深夜』へと変わっていきます。

暗い中の出勤は少し侘しいものです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

仕事の真っ最中に、スマホが鳴りました。

S木さんです。

 

「お疲れ様で〜す、今しゃべって大丈夫?

 

例によって断れないので「はい」と答えると

 

「あのさ、残業なんだけど、明日頼めるかい?

T中さんに頼んであったはずなんだけど、あの人忘れてて

用事があるって断ってきたのさ」

 

明日…は、確か歯医者の予約があったはず。

午後4時だっけ、4時半だっけ…

 

どちらにしても、残業が終わるのは基本午後3時で、個室の人が退院して

その掃除が入ると、1部屋ごとに15~20分が加算されます。

ヤバい、ギリギリになる可能性あるかも…

 

そんなことを考えて、返事を躊躇していると、S木さんが一言

 

「今、答えて」

 

「はい、わかりました」

 

ほぼ条件反射で返事をしていました。

 

いやはや…明日は厳しい日程になりそう。

個室の掃除が入らないことを願うばかりです。

 

今日のレシート

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験談コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

「ドラキュラかよ...」明るい照明が苦手な夫。薄暗い部屋での生活は散々なもので.../くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】同棲中の住まいに初対面の義母がアポなし訪問! 2人きりのリビングで尋問が始まった.../くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 

タイトルとURLをコピーしました