週末の出勤要請

スポンサーリンク

 

昨日の朝、マンションの方に出勤すると、管理人のK山さんから

 

「F田さんから、明日の金曜と土曜に病院の方に出勤して欲しいと

伝えるように連絡があったんだけど…」

 

と言われました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

えっ…

「辞めさせて欲しい」と話をして、さほど経っていないのに…

病院を出入り禁止になった人がいると聞いて、嫌な予感はしていましたが

引継ぎも何もなく辞めたらしいです。

 

私とその辞めた人の分、次の募集で2人採用しない限り、私にお鉢が回ってくる様子。

仕方がないとはいえ、早く次の人を決めてもらわないと…

身体がきつくなると、午前の仕事にも支障が出そうで困るのです。

 

その後、マンションの清掃の仕事を終え、自宅に帰ったら

猫がまた服を脱いでいました。

 

前日、病院に電話で相談した時に

 

「片足を抜いてしまうくらいなら、強引にでも全部脱いでしまうと思うので

もし脱いだらこちらに連れてきてください」

 

と言われたので、気になりつつも出勤したら、案の定というか、何というか。

仕事の疲れもとれぬまま、すぐ動物病院に電話して予約を取り、猫を連れて行きました。

 

今日はただ服を着せるだけなので麻酔も何もなく、最初から最後まで

シャーシャー、ギャーギャー大声で鳴くのが待合室まで聞こえてきます。

 

先生が若干疲れた雰囲気で、猫入りのキャリーを下げて診察室から出てきて

 

「すみませんが、暴れて服を着せ直すのが大変でしたので

包帯を厳重に巻くことで対応しました」

 

と言いました。

見ると、包帯をグルグル巻きにした後、上からサージカルテープのような

粘着力のある医療用テープを、やはりぐるぐる巻きにして止めてありました。

 

これは、剥がす時大丈夫なんだろうかと、一瞬不安になったけれど

とにかく暴れるのでしょうがないとも思います。

次の土曜日の診察は予定通りとのことでした。

 

それにしても何かとスムーズにいかない生活が続きます。

先はまだ見えてこない今日この頃です。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました