残りますとは言えない

スポンサーリンク

 

久々の雨が降った昨日。

会社の方から、金・土と病院の清掃に行くように言われ、渋々ながら仕事をしてきました。

人が居つかない、私も辞めさせて欲しいと申請しているところです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

現場は引継ぎなしで人員が1人減り、昨日も猫の手でも借りたい状態。

 

ちゃんとしたマニュアルではなく、手書きで

『3階の病室◯号室~◯号室まで』

『地下1階資料室、2階の会議室と同じ手順で』

と書かれたメモを持たされて、清掃に入りました。

 

手順は知っていても、部屋が違うと意外と勝手が違うものです。

いつもより少し時間がかかり、焦りながらも何とか作業を進めました。

 

最近は土曜日ばかりで3時間の作業だったのが、久々にマンションの清掃もある

平日に8時間働くとかなり体力的に厳しいものです。

とくに上下階移動が多いのに、エレベーター禁止なのがかなり堪えます。

 

仕事を終えて、守衛室兼休憩室に戻ってみると、S木さんが横になっていました。

S木さんは小柄とはいえ、3畳間ほどしかない部屋は一気に狭くなります。

 

「会社の方から聞いて、くるさんが辞めたいって言ってるの知ってるけど

どうしても人が足りなくて、ごめんね」

 

座布団を半分に折ったものを枕にして、ぐったりした様子のS木さんが

済まなそうに言いました。

 

「いや、仕方ないですよ。

本当に人が足りないので…」

 

と返しましたが…

 

最近知ったのですが、S木さんは社員で、結構厳しいスケジュールで働いているようです。

私のようなペーペーのパートでも辞めにくいのに、社員だったら

ハードワークでもなかなか断れないのでしょう。

 

大変なのは理解できるけれども、それでも

「やっぱり私、残ります」

とは言えません。

 

早く新しい人が決まって、人手不足が解消されるのを、心から願うしかできないのです。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました