心の疲れと身体の疲労

スポンサーリンク

 

厚い雲が覆う空の切れ目から、白い朝日が強く差しています。

天気予報は晴れのち曇り。

7℃台の寒い夜は終わったけれど、どんどん冬に近付いていきます。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

昨日は午前中に動物病院、午後から病院の清掃でした。

 

猫の手術をしてから3週間。

糸を抜いてしまい、縫い直しをしてから2週間。

 

できればここで終われば良かったのだけれど、一部まだ傷がくっ付いておらず

3分の2程度の抜糸しかできませんでした。

 

猫が連れていかれた処置室から、しばらくすると長く大きな悲鳴が響き

待合室で不安げにしていた他所のお宅の犬が、吠えだします。

 

この悲鳴が聞こえると、私のほうもかなり精神的に堪えるのですが

病院に来るたびに聞くことになるのは仕方がありません。

 

やはり抗がん治療で点滴を選ぶのは、とても無理な気がします。

これから冬を迎え、徒歩での通院も無理があるので…

 

治療が終わった後、今後の治療では飲み薬を取り寄せてもらう方向で

先生と話をしました。

 

手術から日にちが経っているため殺菌作用のある飲み薬を処方してもらい、ようやく帰宅。

玄関に入ってすぐ、キャリーを開けると、猫は脱兎のごとく奥へ走って行きました。

 

申し訳ないと思いつつ、一休みしたら今度は病院の清掃です。

いつも通り3時間のギリギリのスケジュール。

 

いつも通りに仕事を始めたつもりだったのに、何だか思うように体が動きません。

最初から疲れ切っているような感覚です。

 

土曜日はマンションの清掃が無いので、この状態には違和感があります。

このところ寒くなっているので、風邪の引き始めか何かでしょうか…

 

エレベーター使用禁止の仕事ですが、途中で地下1階から4階まで

道具を持って上がらなければいけない行程があります。

 

これがかなりきつくて、普段なら息を切らしながらでも、何とか上りきるのに

昨日は3階から4階へ続く踊り場で、一度荷物を下ろして休んでしまいました。

 

息を整えながら

(これはダメだ、今日は時間をオーバーしてしまう)

と少し暗い気持ちになりました。

 

この仕事は残業手当が付かないので、出来るだけ時間内に収めたかったのですが…

出来ない時は仕方がありません。

 

結局終業時間を20分程オーバーして、何とか仕事を終えました。

 

買物をする気力もなく家にまっすぐ帰ると、薄暗くなった部屋の私の布団の上で

猫が香箱座りをしてこちらを待っていました。

とくに怒った様子もなく、布団から降りて足元に纏わりついてきます。

 

その姿に疲れが吹っ飛ぶ…ようなことは無く、やはりクタクタなまま、でも

とにかく日々の生活を繰り返していけるよう

ちゃんと薬を飲ませ、生活費も病院代も工面して

最後まで面倒を見切れるように、頑張るしかない…

 

そんなことを考えながら、灯りを点け、カーテンを閉めました。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました