とうとう本音がポロリと

スポンサーリンク

 

あまり疲れが取れないまま一日が経ち、今日は月曜日。

いつものように出勤し、急いで作業を進めていると

手術準備室の男子トイレが詰まっているのに気が付きました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

患者さんのいるフロアだと、たまにそういう事故があるので

汚物処理室のどこかに、詰まったトイレをスッポンスッポンする

ラバーカップが置いてあります。

 

でも、ほぼ病院関係者しかいないフロアには、それが置いてないのです。

しかも手術準備室の男子トイレと言えば、執刀医の先生か助手の先生…

あとは麻酔の先生くらいしか使いません。

 

誰ですか!

トイレを詰まらせて逃げたドクターは!

 

よその階でラバーカップを探してきて、スッポンスッポンしましたが

結構頑固に詰まっていて、直すのに10分以上かかってしまいました。

 

そのトラブルのせいで作業が全体に遅れてしまい

仕事を終わらせ休憩室に戻った時にはへとへとです。

 

手を洗った後、足首の調子がイマイチだったので

座布団の上で少し休んでいると、Y崎さんが戻ってきました。

 

すぐに帰らない私を見て、Y崎さんは

「どうしたの?」

と聞いてきたので、足首のことやトイレが詰まっていた話などを

かいつまんで話すと

 

「まあ、T中さんが先に逃げちゃったから、どうしようもないよね。

僕も本当は別の現場に移る話あったけど、途中で立ち消えになったし」

 

それを聞いて、なんだかやるせなくなった私は

 

「もう、会社もこの仕事の契約の更新、やめちゃえばいいのに。

会社的に赤字の現場で、働く方も仕事がきつくて誰も得してない。

きつすぎて、新しい人もすぐ辞めるし。

こんな仕事、無くなったって全然構わないよ」

 

「辞めたい」の一言だけは思い止まったものの

仕事に対する不満、病院に対する憤りみたいなものを

包み隠さずぶちまけた形になりました。

 

さすがに課長さんやS木さんには、こんな事は言えませんが

Y崎さんはずっと歳下だし、内心ではここを辞めたいと思っている人なので

ついこちらも本音が出てしまったようです。

 

今までどんな職場にいても、同僚の前で職場そのものを

悪しざまに言ったことはありませんでした。

 

でも今は、もういい人ぶったり、外聞を取り繕ろったりできないくらい

この仕事にうんざりしてしまったのです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

結婚写真の夫の目は死んでいたけど...黒歴史の結婚生活でも、唯一の「良かった日」/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】歩けないほど腰を痛めた妻にコルセットを購入しなかった夫。その驚きの言い訳は.../くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知り合...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました