うちの現場が赤字になっている原因

スポンサーリンク

 

家に帰って、グッタリしています。

いつも仕事から帰ると、数時間は思うように動けません。

復活するのは大体夕方4時頃でしょうか。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

 

今日も帰り際、休憩室でY崎さんと一緒になりました。

 

Y崎さんのお母さんが、以前この病院の清掃員として数年間働いていたため

Y崎さん自身は若いけれど、裏事情を良く知ってます。

 

「昨日さ、うちの母親に聞いたら、ここの病院は一般より安い料金で

契約してるらしいんだよね」

 

何でそんなことになっているのか、詳しく聞いてみると

 

「前にこの病院と契約したのが、今の会社の子会社なんだけど

独立したてで、仕事を取るために安く引き受けちゃったんだって。

 

最低賃金で、うちの親とか年寄りばっかりで最初の何年かは頑張ってたんだけど

やっぱキツい現場だから、みんな辞めちゃって。

 

子会社の偉い人が親会社に泣きついて、結局親会社が引き継いだけど

病院が、同じ値段じゃないと契約しないってゴネて

一応親会社として、信用問題だから、そのままの条件で契約するしか

無くなったんだって」

 

子会社から引き継いだ、ということだけは知っていましたが…

裏を知ると、最初から赤字しか出ない状況で

なんとも言えない気持ちになりました。

 

少なくとも私達は最低賃金ではありません。

その分、赤字の幅も大きくなっているのでしょう。

 

だから会社としては、人が辞めても仕事が回るなら

このまま人員を増やしたくないと思っているかもしれません。

 

それはさすがに無理なのですが

『無理が通れば道理が引っ込む』という言葉もありますし…

 

不安しかないけれど、辞めたくてもすぐに辞めるのは難しく

当分は怪我をしないように気を付けながら

仕事をこなしていくしかなさそうです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

結婚写真の夫の目は死んでいたけど...黒歴史の結婚生活でも、唯一の「良かった日」/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】歩けないほど腰を痛めた妻にコルセットを購入しなかった夫。その驚きの言い訳は.../くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知り合...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました